プロミス

プロミスを融資限度額で比較してはいけません!

プロミスの融資限度額は500万円にアップしましたので、他のカードローンの500万円とか800万円などという限度額の見劣りもなくなりました。

 

なぜなら総量規制後は年収の1/3しか借りられず、最高の500万円の融資枠を貰うには最低1500万円の年収が必要になってくるのです。

 

ましてや他のカードローンの500万や800万となると年収1500万円から2400万円必要になってきてこんなに年収がある方がお金借りるかって話になってきます。

 

ですから金利表記は最小金利より最高金利を見て比較するのがベストです。なぜなら始めに設定される借入枠はだいたい50万円以下で最高金利が適用されるからです。

 

 

プロミスの場合最高金利が低く、更には初回30日無利息サービス(要ポイントサービス申込)があるので一番選ばれるカードローンに君臨しているのです。

 

プロミス 【SMBCコンシューマーファイナンス】


プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

 

 

 

プロミスにある6つのメリット

 

 

選ばれるカードローン第二位のアコムはアコムマスターカードが人気!

アコム 【三菱UFJフィナンシャルグループ】

金利 年4.7%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

 

 

プロミスのフリーキャッシングで家電購入

消費税が上がれば間違いなく商品の価格もあがるのでしょうが、もし上げないのであれば各企業の下請けの会社が泣かなければいけないグループ企業の構造ですよね。

 

そうした状況では立場の弱い企業がさらに衰退していく結果になってしまいます。消費税が上がる直前は買い溜め等の現象も起こりうると思います。只、最悪の状況になれば、下請け企業の倒産等で失業者が増えれば税収も減るのではないでしょうか?

 

失業者が増え、その後生活保護をうける世帯が多くなれば、今問題視されている不正生活保護受給者も増える可能性があるのではないでしょうか?

 

増税する前にかたずけなければいけない問題は山ほどあるのに、こんな状態ではますます国民の政治不信が強まると思います。そうした一方で電力会社の株主総会の席で大阪市長や東京都副知事のそういった社会問題にメスをいれる人たちもわずかながら存在するわけですから救いだと思います。

 

社会構造を変えて、政治の構造もかえなければ、国民の負担は大きくなるばかりですよね。消費者の立場からいえば、消費税の増税は仕方ないと少しはおもっていても現在あるいろいろな社会問題が解決しなければ不安な生活を強いられるだけです。

 

今後、不景気が続くようなら消費者金融を利用する人も多くなるかもしれません。私は今現在プロミスのフリーキャッシングを利用しています。新規申込時に初回30日間無利息サービスに利便性を感じて申込むきっかけとなったのです。

 

最近では旅行資金やお金が急遽必要な時などによく利用しています。フリーキャッシングの便利なところは融資限度額内であれば、出し入れ自由という事ですが、私の場合は完済してから再び利用する事にしています。

 

その方が返済に計画も立てやすいということが理由ですが、消費税増税になる前に家電購入を考えています。プロミスのフリーキャッシングの申込資格があるうちにプロミス 在籍確認を書類で申込み、初回30日間無利息サービスで欲しい物をGETしてみてはどうでしょうか?

融資限度額を多く希望してもプロミスの審査により少なめの融資枠がおりてくるようになります。これは総量規制の影響で、銀行は対象外ですが自主的に守っているところが殆どで、おまとめローン以外のフリーローンは消費者金融より逆に厳しくなっています。

 

例えば私の申込んだところで比較すると三菱東京UFJ銀行カードローンは落ちてしまいましたがモビットの審査では50万円の枠が下りました。ですから融資枠で比較するのではなく、金利・サービスで比較すべきなのです。アコムには消費者に有利なサービスがたくさんありますが、そのうちの一つにアコムマスターカードがあり、ロードサービスもついています。

 

プロミスを選ぶのであれば初回30日無利息サービスやポイントサービス、あとはプロミスの親身になって相談にのってくれるアドバイザーで選ぶのが普通です。

 

いずれにせよバブル時代のような悪質な金融業者は大手消費者金融にはないので安心してカードローンを作ることができます。消費者金融は公庫や労金などの低金利だがスピーディーでない借入にはない早さがあります。

 
 
消費者金融大手のプロミスでは、現在初回30日無利息サービス(要ポイントサービス申込)というものを展開しています。この「初回30日無利息サービス」というものについては、実はプロミスが最初に始めたものではなく、他の消費者金融業者でもこうしたサービスが行われていますが、他の業者の場合10日〜2週間前後であ...
続きを読む≫ 2013/08/08 11:58:08